マーケティングオートメーションの魅力|嬉しい事例が近年増えている

記事リスト

問題とその対策

音符

利用するアプリについて

youtubeに投函されている動画や音楽では、著作権を侵害しているものが存在している。これらの音楽などを、お店のGBMなどとして使用した場合には、使用側も著作権侵害となるケースがある。また、youtubeの公式アカウントなどで投函された正規の音楽の場合においても、個人使用の範囲では問題ないが、営業活動で利用すると著作権侵害になるケースがある。これらのyoutubeに投函されている音楽などを利用する際には、著作権に考慮する必要があるが、それらを考慮せずに利用できるアプリやサービスなどもある。youtubeでは、利用側は無償で利用できることが基本であるが、著作権を考慮する必要のないアプリやサービスでは、有料であるものが中心である。使用料を支払うことで著作権問題を解消するものが通常である。その為、著作権を意識したくない場合にはそれらの使用料が含まれたサービスを利用することがポイントになる。また、個人向けのサービスの場合には利用できても企業向けの場合には別途料金を払う必要のあるサービスなどもある。その為、利用するアプリやサービスが、企業向けの利用の場合にどのような制約があるかを確認した上で利用することも必要である。その他、正規のアプリであることも重要である。料金を支払って使用していても、その料金が著作権の所有者に渡っていない場合には払っていることにならない。その為、信頼できる業者が提供しているかも重要になる。