マーケティングオートメーションの魅力|嬉しい事例が近年増えている

記事リスト

BGMで失敗しないコツ

映像

権利者への申請は不可欠

世の中には様々な業態のショップがありますが、そのほとんどの店舗では常にBGMとして音楽が流れているのが一般的です。利用客や店員をリラックスさせたり、非日常空間を演出してお店のイメージを作ったりと、BGMはショップにとって欠かせない存在です。ただ音楽には当然ながら作曲者や演奏者がいて、それらの方々には著作権という権利が発生します。そしてショップなど営業目的の場所でBGMとして利用した場合には、著作権料という使用料を支払う必要があります。ただなるべく経費を安くしたいから、音楽の著作権料は支払いたくない、というオーナーさんも多いと思います。中にはyoutubeに投稿されている音楽動画を、BGMとして使う事を考えておられる方もいるかもしれません。結論から言うとyoutubeにアップロードされている音楽を使用する場合にも、著作権は発生します。さらに言えばアップロードされた音楽動画が、違法にアップロードされたものであった場合、仮にそうした動画を店舗用のBGMとして使うためにダウンロードしたら、罰則を受ける可能性もあるので気をつけましょう。投稿された音楽自体が違法アップロードの場合には論外ですが、公式にアップされたものや、投稿者のオリジナル楽曲の場合には、申請をする事で使用が可能になります。申請先については著作権の管理団体か、個別の著作権者となります。使用が許可された場合、著作権料の支払いが必要になるかどうかは、権利者の判断で異なります。中には申請だけすれば、無料で使っていいとしている権利者もいます。いずれにせよ不特定多数が見るyoutubeの音楽であっても、営業目的の空間での使用に際しては、CDや楽器の生演奏と同じく著作権がかかるという点は、よく覚えておきましょう。ちなみにyoutube以外の動画投稿サイトでも、基本は一緒です。